不感蒸泄や、水分摂取との関連性の高い検査項目に「尿比重」があります。通常、脚光を浴びることがすくない地味なものですが、いざ、腎保護のために適切な飲水が実行できているかどうか、適切な尿量が保持されているかどうかを判定しようと思うと、とても重要な項目になります。
 まず、尿比重とは、尿中に溶けているナトリウム、尿素、糖、タンパク質などの含量を示す指標であり、これは腎臓の重要な機能である尿の濃縮や希釈能の状態を相対的に反映しています。 尿比重は変動し、水分摂取、食事制限、運動負荷、発汗、季節などの環境因子など多くの因子の影響を受けます。
 尿比重の測定は、尿試験紙を用いて行うことができ、薬局などで個人で尿試験紙を購入すれば、各自でみることも可能です。なお、尿比重の基準値は、1.002~1.030ですが、より正確な評価を行うには尿浸透圧の測定が必要となります。
 結果の解釈としては、蒸留水に対する尿の比重ですので、高値の場合は糖尿病、脱水症など、低値の場合は腎不全、尿崩症などが疑われます。ただ、注意点としては、水分摂取の程度などにより、一日のうちでも変化します。また、尿の濃縮の程度は、尿自体の濃さが参考になりますが、以前もとりあげましたように、ビタミンなどによる尿の着色などがあり、見極めが難しい場合があります。
 なお、尿比重の解釈としては、尿比重が高い場合は糖尿病、脱水症などでしばしばみられ、低い場合には腎不全、尿崩症などの、尿を濃縮する機能の低下が疑われます。また、水分摂取を意欲的に実行している方も、低値になります。