【Q】現在47歳の男性です。健康診断で、GFR値が58でした。軽度のCKDが疑われるかと思います。
そろそろ腎臓病予防の対策を取った方がいいかと思い出し始めており、先ずは予防のために漢方薬でも飲もうかと思っております。予防のためのお薦めの漢方薬がございましたら教えて頂けませんでしょうか。

【A】ご質問、ありがとうございます。まず、前提として、eGFRは、年齢・性別・血清クレアチニン値にて算出されます(参照:< https://cyber-hospital.com/egfr/ >)。このことからも、eGFRの値の変化に影響を与えるものとしては、血清クレアチニンの値の変化が直結しているといってもよいことになります。
 予防のためですが、なぜeGFR値が低下してきたかの振り返りが極めて重要です。その原因は多くありますので、まずは、ご自身のこれまでのヒストリーを、この動画を基に再確認してみてください。

悪化させた要因がみつかると、そのコントロール・治療が極めて重要になります。もしも、そうしなければ、さらに腎機能は悪化する可能性が高いわけですので。
 以上が、私も最初に入念にお一人ずつ確認させて頂くところです。その上で、積極的に予防法となると、腎不全・透析にならないためのヒント腎臓病の診かた「豆」知識のコーナーでとりあげたことが多くの人に役立つものと考えています。バックナンバーか下記のwebにて、ご覧いただければと思います。
 また、同じくQ&Aコーナーで先日、漢方やサプリで注意が必要との話題をとりあげました。予防という観点でも、これを使っておけば、というような漢方薬というのはございません。