【Q】
去年の2月にネフローゼになり、今プレドニン6ミリを飲んでいます。そろそろ家計のこともあり仕事をしたいのですが、事務の仕事をしたことがなく、年齢も44歳なので、未経験採用は難しいと思っています。工場の立ち仕事5時間のパートなども、しないほうがいいのでしょうか?週2回ほどです。

【A】
基本的には、主治医が信頼のおける腎臓専門医でしたら、現在の病状に応じてアドバイスしてくれると思います。また、仕事先への診断書で過労にならないよう配慮いただけるのが通常です。その上で、一般的にお話しすると、現在の尿蛋白がどうなっているかが一番気になるところです。プレドニン6mgということは、通常は初期治療が落ち着いて、プレドニンを減量してこれたところと考えます。
この量ですと、初期治療の頃よりは、副作用のリスクも軽減してきています。ネフローゼ症候群の原因にもよりますが、尿蛋白や腎機能が比較的安定していれば、重労働は別としても、ほとんどの就業は可能です。退院の目安が、プレドニン20mgですので、退院後しばらくすれば、ほとんどの人は職場復帰されています。
ただ、今回は新たに職に就くという点で、仕事内容が気になるところです。週2回の5時間勤務ということであれば、十分休養・休息もとれるものと考えます。