【Q】 腎臓病の治療に関する研究方法に関しての質問です。腎臓病には治療薬はまだ登場しておらず、日本でも慢性維持透析患者数の増加が深刻化していると思います。そんな中、ミニ腎臓を使った治療薬の研究が近年可能となり、新しい薬の開発が期待されていると聞きました。
 たいへん基本的なことで申し訳ありませんが、腎臓病に限らず、マウスなどの動物実験でも、よく、病気や新薬の研究がされていると思います。ミニ腎臓を利用した研究では、いわゆる動物実験と比較して、どのような利点があげられるのでしょうか?。

【A】 まず、一般的に知られている点としては、腎臓に限らず、マウスに効く薬が、ヒトでは効かないということが挙げられます。製薬会社もそのため、最近では、マウスやマウスの細胞で得られた結果では、治験以前に、そもそも薬の開発に、ゴーサインが出ません。
 その点で、私達が作製に成功した「ミニ腎臓」は、すべてヒトの細胞より構成されている点で、移植や薬の開発への、かなりの近道を与えてくれたと考えています。患者さんの尿に脱落した細胞を用いても「ミニ腎臓」が作製可能なことから、個々の病気・状態にあわせて治療法をデザインすることもできます。
 また、よく外来で患者さんから、「iPS細胞でいつ腎臓は治るようになるか」との質問をいただくのですが、文科省の公表しているロードマップにおいても、腎臓病は常に最後尾であり、見通しさえ立っていない状況からしても、ミニ腎臓による治療薬開発に期待しています。

腎臓病の治療薬開発に取り組む代表 安部秀斉の活動を、こちらの動画でご紹介しています。 独自に作成に成功した世界初のミニ腎臓用いて、腎機能低下の根本原因を直接解決する治療薬の開発を目指す取り組みです。ぜひご覧ください。