【Q】
結婚を考えていた人がループス腎炎ということが発覚したので、自分でも検索してみたのですが、難しくてよくわからなかったので質問させてください。まず直らない病気なのでしょうか。自己免疫疾患だと言うことはなんとなくわかりました。そして、仕事もできないくらいの病気なのでしょうか。食事制限や生涯、入退院を繰り返すような病気でまともな日常生活もできないのでしょうか… 考えたり、調べたりしてもはっきりせず不安で仕方ありません。ぜひ教えていただきたいです。よろしくお願いいたします。

【A】
文面からも、非常に心配され、不安な気持ちでいらっしゃることが伝わってきます。ループス腎炎とは、お調べになった通りで、自己免疫疾患の代表的なもののひとつであるSLEンもという全身疾患の腎臓での病変をいいます。重要な点は、2つかと思います。ループス腎炎は治療を要さないものもありますが、通常は血尿を主体とする炎症がめだつタイプと、タンパク尿が多くて浮腫などはみられても血尿はあまり目立たないタイプに分かれます。
後者は、腎機能低下が進行しにくいのが特徴です。問題は、前者で血尿が強いほど、活動性が強く、強力な治療法が必要です。しかし、いずれのタイプも定まった治療法がありますので、しっかり治療を受けていただくことが重要です。もうひとつ重要な点は、免疫の病気ですので、原因が全く取り去られる訳ではありません。
そして、全身性の疾患ですので、腎臓以外の臓器に病変が及んでいないかは常に注意が必要です。いろいろ書いてはきましたが、きっちり治療を受けていれば、日常生活を過ごすことが可能です。女性が罹患しやすい疾患ですが、治療しながら、妊娠・出産・育児をされている方も多く診ています。入院も、初期治療の場合は必要になることがありますが、その後の治療はほとんどが、通院で可能です。