まだまだ、熱中症の危険はあります。適切な水分摂取は、熱中症予防になるとともに、腎機能の悪化を予防することにもつながります。尿の回数・量や濃さに注意しながら、こまめに水分をとってくださいね。