脂質異常症の検査のひとつです。一般的にも、HDLコレステロールは、一般的に「善玉コレステロール」として認識されています。なぜ「善い」のかというと、血液中の余分なコレステロールを肝臓に戻すという働きを担っているからです。「悪玉コレステロール」とも言われるLDLコレステロールを、血管壁などからとり除く働きがあります。
 
 そのため、HDLコレステロールが少ないと、動脈壁へのコレステロールの沈着が増えることになり、結果的に、動脈硬化が進行します。そして、脳梗塞、虚血性心疾患(心筋梗塞、狭心症)、心不全、閉塞性動脈硬化症(最近は足梗塞とも呼ばれています)などに進行します。腎機能低下にも関与します。

 おおまかには、40~99mg/dl(女性の場合、50~109mg/dl)が正常範囲とされます。糖尿病の多くは壮年期頃から発症します。高血圧のほとんども同様です。ところが、コレステロール値に関しては、若い人、中学生くらいからでも、高い状態が継続することがあります。ときおり、健康診断などで、腹部エコーをすると、片方の腎臓が見つけにくいほどに小さく(委縮)してしまっていることもあります。

 こうした場合も、ご本人はまったく自覚がありません。食事の重要性がより問われるところです。なお、腎臓が悪い方は、LDLコレステロールの値よりも、non-HDLコレステロールの値の方が重要な場合が多くなります。この詳細もいずれ、お話したいと思います。