最近になって、よく耳にする「フレイル」に関して、詳しく見て参りましょう。まず、フレイルとは、おおまかな理解としては、健常な状態から要介護へ移行する中間の段階と考えます。背景の因子としては、加齢に伴い筋力が衰えて、疲れやすくなって、家に閉じこもりがちになるなど、年齢を重ねるとともに生じやすい「衰えの全般的な状態」を指します。

 フレイルという用語が登場したのは、日本老年医学会が2014年に「Frailty(虚弱)」という概念を提唱したことに始まっています。フレイルは、筋力低下などの身体的要素だけに注意がむきがちですが、認知症やうつなど精神的・心理的要素、また独居や経済的困窮などの社会的要素の3つの要素で構成されています。

 そのため、フレイルの進行の予防には、この3つの側面からの総合的な対応が求められています。孤立すると精神的に落ち込みがちになったり、外出などの機会が減ると、筋力も低下するというような、各要素の関連性を重視する必要があります。

 また、加齢現象からみると、筋力や筋肉量が減少することにより活動量が減少し、エネルギー消費量が低下します。すると、食欲も低下しがちとなり、食事摂取量が減ることで、タンパク質をはじめとした栄養の摂取不足による低栄養の状態になります。そして、低栄養の状態が続くと体重が減少し、筋力や筋肉量が低下していきます。このような悪循環をフレイル・サイクルと呼びます。その結果、転倒や骨折あるいは慢性疾患の悪化をきっかけとして要介護状態になる可能性が高くなります。

 フレイス・サイクルの予防や改善が重要であるとともに、それに関わる精神的・心理的要素、独居などの社会的要素もまた、重要な解決課題です。