< https://www.jst.go.jp/pr/announce/20190131-2/index.html >
・・・新型コロナウイルス感染の拡大とともに、マスクやエタノール消毒など、国民の衛生習慣が定着してきたため、今年はインフルエンザ感染症者数が減少しているとされています。しかしながら、インフルエンザウイルスは変異しやすいため、毎年、ワクチンがそれに対応しなければいけない状態です。

 このような、複数のウイルス感染症が存在すると、簡潔な高精度な測定法が求められます。今回のニュースは、東京大学が、スマートフォン小型蛍光顕微鏡を開発し、高感度デジタルインフルエンザウイルスの検出に成功したというものです。インフルエンザウイルスを1個でも検出できる技術を開発しています。現在の検査法であるイムノクロマト法より1,000倍から10,000倍の高感度で検出できるとのこと。

 この手法を用いることで、より早期にインフルエンザウイルスの検出が可能になり、インフルエンザの重篤化や流行を抑えることが期待されています。

 近年、「一細胞解析」や「一分子解析」が可能になり、隣り合わせている細胞であっても、違いを検出できるなど、高感度・高精度の技術が進歩してきています。このうち、1分子デジタル計測法では、数十万個のマイクロメートルサイズの微小な液滴に、標的となる分子を1個ずつ閉じ込めて、そこからシグナルを「0」と「1」の2値化して計測するというものです。

 そして今回の最大の特徴は、スマートフォンが検出器となっている点。持ち運び可能な検査機器とも言えます。研究グループは、「技術が、地域医療や在宅医療などに役立つことを期待」と述べています。