一般的に、腎機能を知ろうとすると、採血をして血清クレアチニンの濃度で判断をします。さて、このクレアチニンとは何か? また何故、血清クレアチニンの値の測定で、腎臓の機能を推測できるのでしょうか。

 まず、クレアチンリン酸という物質があって、これは筋肉が運動するための重要なエネルギー源となっています。これが代謝された(使われた)あとにできる老廃物がクレアチニンです。そして、クレアチニンは、体に不要なものの一つということができます。

 このクレアチニンは腎臓でろ過されて尿として排出され、尿以外では体外に排出されないために、血中の(血液中に残った)クレアチニンの濃度が上昇していることが、腎臓の機能が低下していることを示しています。

 しばしばCrと略されるクレアチニンですが、この数値は筋肉量に比例しています。運動・筋力トレーニングや高たんぱく食の摂取によって、筋肉量が過剰に多い場合には、クレアチニンの数値も、腎機能とは関係なく高くなります。反対に、過剰に痩せて筋肉量が少なくなっている場合には、クレアチニンの数値が、腎機能と関係なく低くなります。

 一般的に、男性は女性よりも筋肉量が多いので、男性は女性よりもクレアチニンの数値が高くなることが多く、高齢者よりも若い人では筋肉量が多いので、クレアチニンの数値は高くなる傾向があるのは、このためです。ヒトに限らず、動物の筋肉からもクレアチニンは発生しますので、肉を多く摂取するとクレアチニンの数値は上昇します。