https://bit.ly/33Jcj9c
・・・肥満はさまざまな病気の原因となります。もちろん、腎臓病も。尿タンパクは減量で減少することからも明らかです。さて、科学的な根拠とは、レプチンというホルモンに原因があったということです。「わかっていても、運動をする気になれない」という理由があったのです。

 肥満になると、食欲を抑えるホルモンとされるレプチンが産生されます。血液中のレプチンの値が高くなると、結果的に運動による脳の快感が起こりにくくなるというわけです。